古書店の古本買取りサイト

多くのモノが溢れている現代、それは書籍・本も例外ではありません。古書店の古本買取りサイトでは、電子化の一途をたどる横で毎日捨てられ廃棄されていく古書に焦点を当て、買取りでリサイクルをするというテクニックをご紹介しています。

本の買取り体験談

本の買取り体験談

私は年に数回、本(マンガも含む)を売りに行く。
買い取ってもらう先はブックオフや古本市場、その他チェーン展開しているお店。応対してくれる店員さんは、おおむね愛想良く、丁寧だ。
査定が終わると金額を提示され、「この値段でご了承いただけますか?」と聞かれ、
OKを出すと身分証を提示し、住所・氏名を書いて、お金をもらって終了
査定価格に納得がいかなければ本をそのまま持ち帰ればいいし(そんなことは
したことはないが)、今まで特にモメたこともない。

ただ、一度だけものすごく不愉快な店員に当たったことがあった。
某人気コミックを何冊かまとめて売りに行った時、「こちらの○巻は以前にも

買取りしておりますので買取不可になります」と言われた。
そこのチェーンは、確かに一度の買取り時に重複した巻(1巻が2冊など)は
買取不可、というルールがあるのは知っていたが、以前に買取りしたデータまで
持ち出してきたのでびっくりした。
(私はブックオフなどのセールの時、何も考えずにバンバン買いまくるので
かぶって買ってしまったコミックがけっこうある)

ちなみに同じチェーンの他の店ではそのようなことは言われたことがなかった。
まあ、この場でゴネても無理だろうと思い、買い取り拒否された本以外の本を
売ってお金を受け取った。
一応、お金を受け取る時に「ありがとう」と笑顔で言ったがそれも無視。
「ありがとうございました」も無し。
なんだか変な奴に当たっちゃったな~な感じがハンパなかった。
ときどき、「あの変な店員はまだあの店で働いているのだろうか…」と思い出すことがある(笑)

古本も結局アマゾン

古本も結局アマゾン

古本屋を覗くのは結構好きです。

掘り出し物の本が安く買えたりしますし、それなりに新しい本であったとしても、すでにもう古本として売られていることもあったりします。

特定の本を買いたいというわけではなく、「何か良い本ないかなー」というスタンスで本を探しに行くなら、ブックオフやゲオなどの大手古本チェーン店の店舗をのぞくのが良いかなと思います。

個人経営の小さい古本屋などを覗いてみても、変わった本が見つかったりするのでおすすめです。

ただ、特定の本を探しているのならば、結局、ネットで買うのが一番いいかなと思います。

特にアマゾン。そのへんの本屋に売っている本ならば、アマゾンでほとんど買えます。アマゾンが一番品揃えが良いと思います。しかも本以外の商品も同時に購入できるので、送料の節約にもなります。

店舗をウロウロしていると思いがけない本を見つけたりして楽しいのですが、結局特定の本を探すのならばネットが一番探しやすいです。

ネット出張買取方法の流れ

  • 買取サイトで査定の予約をします。条件によっては断られるケースもあります。
  • 買取してもらう本はキチンとまとめておきましょう。
  • 査定当日に確認してもらいます。
  • 現金もしくは口座振込みにて買取費用が手に入ります。

※本査定は事前査定金額と異なることがあります。

高く売れる古本

高く売れる古本の情報はオークファンやamazonなどのサイトで調べることができます。

net買取予約

ネットでカンタンに売る予約をすることができます。

思ったよりずっと安い・・・ 

買取安すぎ 本を大事にeco-book